雨でも室内で子供が思いっきり体を使えるグッズ10選

岡山情報
この記事は約9分で読めます。

こんにちは、コケシです。岡山で子供真っ最中の30代パパブロガーです。

いよいよ梅雨入りしましたね。今年の梅雨は長いそうで、7月半ばまでつづくとか。

雨の日が続くと、

  • 子供が体を動かして遊べない
  • 家にずーっといるとストレスがたまる
  • 家の中が散らかってしまう

など、雨ならではの「子供を外で遊ばせられない問題」が発生しますよね。

でも、ちょっとしたグッズやおもちゃを用意することで、遊びの幅はグッと広がるんです。

今回は、雨の日や花粉の季節、「外に子供を遊びに連れて行けない」ときに室内で子供をしっかり遊ばせてあげられるグッズを集めてみました。

人によっては子供の遊び場づくりのためにディープなDIYに挑戦してる人もいますが、なかなか私にはそこまでできません。

なので、組み立ての手間が最小限で、子供が遊べる環境をつくれる物を中心にまとめています。

あると子供が室内で思いっきり遊べるグッズ10選

アンパンマン うちの子天才 ブランコパークDX

まずは定番のアンパンマンのアスレチック遊具です。

  • ブランコ
  • ジャングルジム
  • すべり台
  • 鉄棒

子供が大好きな公園遊びを室内でできるグッズです。 ポップでカラフルな色合い、アンパンマンの元気で明るいイメージが大好評。

購入時にボールが付属してるので、全身運動をしっかりできます。

もう少し安かったり、おしゃれな色合いの類似品もありますが、子供が遊んでこそのおもちゃ。

私には以前おしゃれな帽子を子供に買ったら、まったく被ってくれなかった苦いトラウマがあります。なので、子供が絶対気にいるアンパンマンがおすすめ。うちの子にはピッタリささりました。

ちなみに、ぼくは折りたたみタイプを持っているんですが、ジャングルジム、ブランコもカンタンに折りたたみができるので、収納やお片付けに便利です。

折りたたむ機会はほとんどありませんが(笑)。大人数の来客があるときくらいですかね。

折りたたみロングすべり台

アンパンマンのアスレチック遊具を紹介したあとですべり台になりますが、すべり台はアスレチック遊具とは別に買うのがおすすめです。

ジャングルジム系のセットになってるすべり台は高さがないので、子供が遊び心地が物足りなくなるんです。

ジャングルジム系のセット遊具では、ほかの遊具との兼ね合いでどうしてもすべり台が小さくなります。公園の大きなすべり台に慣れてる子供には不足なんですね。

すべり台単独の商品なら、公園のすべり台にはおよばないけど遊び心地十分です。

そして、うちの子がトイザらスで唯一何度もすべりたがったすべり台がこちらです。

ちなみに、ホースを取り付けて噴水を出して遊ぶこともできます。ぼくは使ったことはありませんりが。おそらくアメリカとかだとポピュラーな使い方なのかな。

キネティックサンド、折りたたみサンドボックス

おうちの中で砂場遊びができちゃうセットです。

スウェーデン生まれの「キネティックサンド」という不思議な砂をつかいます。普通の砂と違って適度な粘り気があり、ぱらぱらしません。粘土のようにぎゅっと固まります。

砂のような肌触りでありながら、適度な粘り気があるので、飛び散ることも少なく手も汚れにくいので自宅での砂遊びに最適。ただ砂の触覚を楽しんで遊ぶもよし、型に砂を入れたりしてお城を作ってみるもよし。砂が自ずと子どもたちの創作意欲をかき立ててくれます。砂に触れる機会が減った我が子に、自宅で夢中で遊べる砂遊びはいかが?

飛び散ることなく、乾燥もしないので掃除も簡単。室内でも掃除心配なし。手も汚れにくいので、自宅での砂遊びに最適です。

砂の感覚を楽しめますし、型にはめたりして創造力を育みながら遊べばます。

セットはキネティックサンド約907gと、5種類の型、2本のツール、折りたたみ収納ケースとなっています。

大きさは、39 x 29x 12 cm(収納時) です。

ケンケンパリング

日本の昔ながらの遊びケンケンパのためのリングです。

海外でも「」(hopscotch)と呼ばれる世界でお馴染みの遊びでもあります。場所や道具を必要としないので、遊びやすいんですよね。

とはいえ、道具を必要としないは屋外の場合。室内だと地面に丸や四角を書くわけにはいかないので道具が必要です。

ヒモでもいんですが、すぐ崩れますし、スベったりすると危ないので、ぼくは専用器具を買いました。

コネクタつきなので、子供が遊んでいてずれることがありません。

コネクタはパチンと音がするまで入れると、リング同士をしっかり固定できます。女性でも簡単にできますよ。

形状はフラット。おかげで床にしっかり安定します。

子供遊びのほかに、陸上競技のステップの目安とか、ステップトレーニングにも使えるみたいです。大人のちょっとした運動にもいいですね。

リズム感、バランス感覚、想像力など、子供の力を伸ばしてくれます。昔ながらのケンパ遊びは、適度な運動で体と脳に最高の刺激を与えてくれるんですね。

ほかにも、アイディア次第でいろんな使い方があるので、意外に長く使えるグッズです。

サイズは、直径28cmと、直径38cm、直径48cmの3つ。幼稚園くらいまでなら直径28cmがおすすめ。僕は先を見越して38cmです。

10個セットと20個セットを選べますが、10個あればとりあえず十分かな。

収納袋つきなので後片付けもきちんとできて、なくなる心配もありません。

プレイハウスジャンプオーレーン

ロサンゼルス発のインフレータブル業界シェアナンバー1ブランドのインテックス(INTEX)の商品です。

空気を入れたやわらかいエアクッションの上で思い切り飛び跳ねて遊べます。トランポリンの簡易版と思ってもらえたらわかりやすいと思いますり

ネットレビューを見ると耐久性への不満がちらほらあります。耐荷重54kgと心もとないのは確かです。

が、子供が遊ぶぶんには今のところ問題なく使えてます。おそらくお父さんか、おかあさんのどちらかが遊んだのではないでしょうか?

インテックスは、とくにエアーベットに定評のあるメーカーです。室内エアーベット市場、世界一。輸出先は欧米を中心に世界約100ヶ国以上です。

ほかにも、ビーチボール、スイムマットからはじまりプール、エアーベッド、さらにはバブルスパまで商品展開は幅広くです。

信頼感はあるメーカーなので使用の際は使い方に気をつければ問題なく使えますよ。

バランスストーン

川の中にある石を飛び移っていく遊びをイメージした遊具です。

遊びながら自然にバランス感覚、柔軟性、体幹、距離感、筋力などの運動能力を高めることができる遊具です。

ストーンは自然の川にある石を模した作りになっていて、側面の段々の段差が適度な難易度になっています。

飛び移った場所で異なる足裏の感覚は、自然と足腰の筋肉や体幹、柔軟性、バランス感覚、空間把握力の養成へとつながります。

バランス遊具なので遊具がスベルか心配かもですが、底面にスベり止めが6個。床面でスベったり、ズレたりすることはほとんどありません。

各ストーンは60kg程度の大人が飛び乗っても、破損や変形もしない丈夫さも兼ね備えます。

使用しないときは重ねて保管できるので場所もとりません。

トランポリン

ジャンプで遊べる定番のトランポリン。大人のエクササイズとしても大活躍してくれます。

支える資材は、高品質なスチールや高弾力なバネを採用し、120kgまで耐えられます。スプリング式のバネを採用しているので、耐久性も抜群です。もちろん、錆びにくい材質です。

安定してジャンプ運動できるように高さ調節可能な手すりがついてます。身長に合わせて調節できるので、大人でも子供でも使用できます。

運動が苦手な子供でも、簡単なジャンプ運動をつづけることで自然と体がつくられ、運動神経も発達していきます。

手すりはトランポリンからの落下防止だけでなく、子供や中高年が安定して飛び跳ねる手助けになります。もちほん、手すりを取り外して使用することもできます。

床への衝撃を考慮して足にはラバーキャップがついてます。静音性、キズ防止ともに安心してつかえます。

収納力もしっかりしてます。使わないときは折りたためるので、持ち運びも収納もしやすいんです。

たふん、子供より大人のほうがハマるんじゃないかな。

ジャンピングボール

ホッピングで遊びながら運動できる遊具です。

運動が苦手でも、ホッピングを使ってジャンプをするだけなので簡単に遊べます。ハンドルを外せばバランスボールとしても。

しかも遊びながら体力とバランス感覚を鍛えることができます。体幹がしっかりしてくるので、総合的な運動能力の向上が期待できます。

室内でもつかえるので、天気に関係なく元気いっぱい体を動かせますよ。

フラフープ

むかしから遊ぶ道具として定番のフラフープ。

定番ですが侮ることなかれ。大人のダイエット器具としてたびたびテレビで紹介されるほど本格的な運動ができます。

体を中心に遠心力で運動するので体幹が鍛えられます。体幹は姿勢のよさや運動能力の向上に深くかかわっていて、運動が苦手な子も体幹を鍛えると運動が得意になったりします。

お腹の中のインナーマッスルを鍛えるのでダイエットにも効果的です。

ちなみに、10分のフラフープ運動は25分のウォーキングに相当するといわれます。

また腰を動かす運動は骨盤のゆがみも整えてくれるので腰痛で悩んでいる人にはぴったり。姿勢もよくなります。

アクアプレイ

運河の国、スウェーデン生まれの「アクアプレイ」。生活に「水」が密接に関わっている北欧ならではの遊び道具なんです。

  • 物が水に浮かぶ
  • 水の流れをつくる
  • 水の力で物を動かす

など、遊びながら水のいろいろな性質や自然の摂理が学べるんです。

ほかの子供や両親と一緒に遊ぶことで、役割意識やみんなで協力する力も育まれます。

収納用のロックボックスは付属品をすべて水路の中にしまうことができ、折りたたむとバッグ型になります。

手軽に公園に持って行ったり、車に積んで出先で遊ぶことができます。小さいんですけど、遊び要素満点。運河の不思議を体感してください。

AquaPlay Lockbox アクアプレイ ロックボックス 1616 [並行輸入品] https://www.amazon.co.jp/dp/B081B2QW7N/ref=cm_sw_r_cp_api_glt_i_TDZR6SVZQHRNTM8SRK5X?_encoding=UTF8&psc=1

【おまけ】エアー遊具

最後におまけとして、エアー遊具です。

ぼくもまだ買ってません。今度の夏に買いないなと思ってるところです。

おまけとしたのは、大きさと値段設定からあまり一般的ではないかなと思ったからです。

たぶん、子供部屋に入りきらないのでリビングを占領してしまいます。

子供が喜ぶのは間違えないんですけどね。

以上、室内で子供が思う存分あそべるグッズをテーマに10プラス1個を紹介してみました。

どの商品も子供受けがいいのは間違いないと思うので、ぜひ試してみてください。

今日はそんなところで、じゃあねー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました