【徹底レビュー】デロンギコーヒーグラインダーデディカKG521J-M【購入後1カ月】

コーヒー
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、コケシです。

田舎暮らしをしながら、生活の質向上をめざして生活再編集をしてます。

さて、今回はコーヒーグラインダーです。

コケシは2020年までほとんどコーヒーを飲まなかったんですが、知人のすすめで飲み始めるようになりました。

友人いわく「生活の質が劇的に変わるよ」。たしかに日々の生活にメリハリがでて、精神的にも穏やかな時間を過ごせるようになりました。

そこに欠かせなかったのが、コーヒーグラインダーなんですね。

購入1カ月での商品レビュー

デロンギのコーヒーグラインダーデディカKG521J-Mとは?

さて、コーヒーグラインダーの購入を検討した時、必ず候補に入ってくるのがデロンギです。

  • 高いブランド知名度
  • スタイリッシュなデザイン
  • エスプレッソメーカーとしての実績、信頼感

こうした価値を提供してくれるデロンギ。愛らしい。

知名度のあるメーカーの商品は魅力的です。知名度を裏付けられた信頼感があるからですね。

そしてコケシは、最初のコーヒーグラインダーに「デロンギデディカKG521J-M」を選びました。デロンギのコーヒーグラインダーの中では最上位モデルに位置します。

改めて振り返って思うのは、とてと良い買い物をしたということです。

挽きたてのコーヒーは香り豊か。毎朝挽いてますが、受け皿の香りをかぐのが習慣になりました。コーヒーを飲むよりも匂いをかぐのがメインになりつつあります。笑

いいグラインダーで挽いた挽きたてのコーヒーの香りってそれくらい価値があると思います。

レビューのポイント4点

前置きが長くなりましたが、早速レビューしていきます。

デロンギコーヒーグラインダーデディカKG521J-M」の1カ月経過後の購入レビューをまとめていきます。

下記の4点をメインにレビューします。

  1. 微粉
  2. お手入れ
  3. 挽き目(メッシュ)、粒の揃い具合
  4. インテリア性

【①微粉】外部微粉はほぼなし。内部微粉は若干あり

微粉はコーヒーグラインダーで一番気になる所ではないでしょうか? 購入前に調べたネットのレビューでは、こんな意見が散見されました。

粉が周りに飛び散る

内部に粉が残っている

実際に使ってみると、確かに内部に粉が残りますが、周りに飛び散る粉はほとんどありませんでした

外部の微粉でいえば、内部に残った微分を掃除するときに、周りに飛び散る粉はあります。外部に飛び散ることに比べたら、掃除は楽ちんですが。

どれぐらい残るか、実際の写真です。

挽いた直後の内部微粉
内部微粉の掃除後
内部微粉の掃除後2

【②お手入れ】30秒〜1分でできる

「コーヒーグラインダーの刃は消耗品」というのはよくいわれることですが、それゆえに手入れが大切です。

自己流のお手入れですが、挽いた後はこんな掃除をしています。

  1. ホッパー(上部の豆投入口)を付けたまま、ブロワーで上からプシュッと、風を送り、粉を飛ばす
  2. ホッパーを外して、少し上からブロワーでプシュプッとさらに粉を飛ばす
  3. 外刃を外して、ブロワーで内刃をプシュプシュ(粗さ目盛をOPENまで回せば、外刃は簡単に外せます)
  4. 外刃を付属のクリーニングブラシでサッと1周掃く
  5. 内刃(取り外し不可)をクリーニングブラシでサッと掃く
  6. 粉受けを外し、水洗い(内部微粉がゴソッと落ちてます)。あっという間に、粉は流れ去る
ブロアーでプシュプシュッ!

以上、一連のお手入れです。正味1分ほどです。

手挽きの苦労に比べたら、驚くべきラクチンさ。

お手入れについてもう一点。デロンギデディカは外刃は外れますが、内刃は外れません。そのため購入前に心配していたのは、「内刃が清潔に保てるか」が心配でした。

実際は、今のところ問題ありません。外刃のメンテナンスをして気づいたんですが、刃はひどく神経質に洗浄しなくてもキレイに保てることがわかりました。

そもそも、金属刃は

  • 刃の水洗いはNG(錆びる可能性があるため)
  • ブラシでの掃き掃除のみ可

という仕様です。念入りに手入れをする類のものではなかったんですね。

購入前は内刃外れなくて不便と思ってましたが、外して洗浄する必要がないから、内刃が外さなくてよい設計になっているので納得です。

むしろ、内刃が外れたら外れたで、掃除する部分が増えて面倒だったかも。汗

外刃が外れるのは、内刃の掃き掃除のためなんでしょうね。よく考えられてます。

 

トピックス①ブロアーがすごく便利

ブロアーは必ずしも必需品ではありませんが、あるとすごく便利です。

ブラシだけでは想像以上に残留微粉が取り除きづらかったです。あえなく、カメラ用ブロアー引っ張りだしてきて試しに使った所、物凄くすっきり、汚れが吹き飛びました。笑

ちなみに、僕は握力が弱いのがコンプレックスだったのですが、ブロアーを使うようになり、握力も強くなってきました。一石二鳥です。

ブロアーは1000円くらいで買えるので、もし手入れに難儀をしたら購入をおすすめします。http://

【③挽き目】「エスプレッソ〜中挽き」が得意。フレンチプレスも対応

次は挽き目です。コーヒーグラインダーの一番大切な機能ですね。チェックポイントは2つ。

  • 挽き目の幅
  • 挽き目の均一さ

エスプレッソメーカーだけあり、エスプレッソ用の挽き目は良好。ハンドドリップ用の中挽きまでも良い感じです。 ただ、挽き目が荒くなるにつれて、挽き目の均一性は損なわれる印象です。

写真による比較を載せるので確認してみてください。

【④インテリア性】置くと絵になる優れたデザイン性

試しにカルピスと並べてみました!

デザイン性です。書くまでもないかもしれませんが、秀逸です。

イタリアのメーカーだけあって、やや派手派手しいデザインではありますが、シックなインテリアから、ナチュラルなインテリアまで幅広い空間に馴染むデザインです。

ワンランク上の上質さを空間にもたらしてくれますよ。

大きさは、「幅155mm×奥行255mm×高さ385mm」です。 やや背高で、500mlペットボトル2本分くらいです。奥行きは、500mlペットボトルで1本分くらいでした。

特筆すべきは細さです。高ささえ気をつければ、日本の手狭な台所にもきちんと収まります。

ちなみに、私は、棚の中に保管してます。ホッパーつきでも収まるんですが、取り出しにくくなるので、ホッパーは外して、使う度に持ち出しています。それに、他のキッチン道具と並べると絵になるんですよね。

購入前に注意しておくべきこと5選

以上、コケシが購入前に気にしていた点を中心に1ヵ月経ってからのレビューをまとめてみました。

購入前には気づかなかったけど、きちんと検討しておけばよかったと思うことがいくつかあったのでまとめておきます。

購入検討している方の参考になれば幸いです。

① 収納場所の「高さ」のスペース

横幅や奥行きは気にしていたのですが、盲点だったのが高さです。置きっぱなしにする人は特に注意したほうがよいのですが、思った以上に高さがあります。横幅は細すぎるくらいなので、むしろ心配ありません。奥行きも、普通の棚であれば収まります。 でも、高さは明らかに日本規格ではありません。 置きっぱなしにしないなら、僕のようにホッパーを外せば収納の問題はないですよ。

ホッパーを外して収納。いい感じです。

② ホッパーに、ストッパーがない

購入前からわかっていたのですが、豆の投入口「ホッパー」の下部に豆転落防止のストッパーがありません。わかってはいたのですが、うっかり豆を入れたまま持ち上げてしまい、ちょっとした惨事になりました。笑

ちなみに、コケシが競合で検討していたoxoのグラインダーはストッパー付き。よく考えられています。さすが、oxoは「妻の腱鞘炎のために生まれたメーカー」だと思いました。

③すべてを水洗いできない

上にも書きましたが、外刃も内刃も水洗いはできません。できるのは、ブラシ等での掃き掃除のみ。また、外刃は外せますが、内刃は取り外し不可です。 コケシは買う前はこの事がすごく心配でした。でも、購入して使い始めたら、ブラシ掃除で十分でした。

水洗い可能な器具一式。

【トピックス】粉は下水に流して良いのか?

コーヒーを挽いて後に残った粉。残ったコーヒー粉をどうするか、淹れた後のコーヒーと同様、集めきれなかった粉は、コケシは下水に流しています。下水のよい匂い消しになります。他にもこんな使い方があるみたいです。

  • 乾燥させて、冷蔵庫や靴箱の匂い消しにする
  • 粉をフローリングに巻き、拭き掃除(ツヤ出しになる)

実機レビュー参考になったでしょうか?

コーヒーの器具って案外まとまったレビューがされていない気がするので、なかなかまとまった情報を手に入れづらいと思います。ぜひ「こんなことやってみて~」など気軽にコメントをいただけたら、レビューに挑戦するので教えてください。

というところで、今日はおしまい!

じゃあねー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました